黒江とは、、、、

[ 概要 ]
 黒江は和歌山県の北西部に位置し、江戸時代には紀州藩の保護もあり、紀伊水道に面した海上運輸の利をいかして、「黒江塗り」の産地として飛躍的に発展した漆器の町である。しかし、高度経済成長以降は漆器業の近代化と共に工場生産化し、生産流通の拠点が古い町並みをもつ黒江地区外に移転している。

[ 特徴 ]
 今も往時の面影を残した江戸時代から昭和初期に建てたれた町家が点在し、黒江地区独特の雁行型(鋸の歯状に建物が並ぶ)のまちなみが残されており、和歌山県下でも歴史的や地域文化を伝えることができる数少ない地区の1つである。

[ 現状 ]
 建物が老朽化が進み、伝統的な町家が少なくなっている。さらに、空き地の増加や無秩序な立て替えによって、黒江地区従来のまちなみ景観が失われつつある。

[ホーム]